寝る前の30秒で浮腫み翌朝すっきり☆

妊娠後期の浮腫でお悩みの妊婦さんこんにちは♪

二人分の水分と血液を支え、歩きたくないほどに浮腫んでしまうこともありますよね。つわりも落ち着き、妊婦生活にも慣れ、活発に動き回るようになってきた40週目あたりから急にピークが訪れます(私はそうでした)

調べてみるとちょうどこの頃から血液料が1.4倍になるようです。なので今まで通り活発に動いていると浮腫んでしまうのは当然なのです。元々むくみやすい体質の私が妊娠生活で試して良かった事を紹介していきます☆

まずはお手軽着圧ソックス!ドラックストアなどで入手できる着圧ソックス…沢山あって悩んでしまいますよね。私はお出かけする時、寝るとき、家の中、で分けて使っていました。まずはお出かけする時、大体の着圧ソックスはつま先ギリギリまであるか、つま先が覆われたものが多いです。

夏はそのまま靴下として履いても良いと思うのですが、私の場合冬に後期があたったため妊婦の大敵である「冷え」も考慮したかったので着圧レギンス(メディキュット)+靴下を使用していました。次に寝る時、太ももまでしっかり長さがあるもこもこの物を必ず履いていました(スリムウォークです。冬限定かもしれません…)

最後に家の中!もこもこではない短めのメディキュットを履いて、その上からもこもこの靴下で冷え対策もしていました。着圧ソックスにはサイズもありますので、ご自身の体にあったサイズ、メーカーを試してみることをおすすめします。窮屈過ぎるものはおすすめしません。

次にマッサージ。自分でするのはお腹が大きくしんどい為、パートナーや家族にお願いしてみましょう!

色々試した結果1番スッキリしたマッサージ方法を今回共有させて頂きます。この方法は妊婦になる前から浮腫みやすい体質の私がずっと行っていたマッサージです。

1、ふくらはぎの内側をギュッギュッと下から上に指圧していく。
2、ふくらはぎの外側も内側と同じように指圧していく。
3、ふくらはぎの裏側も同じように指圧、膝の裏まできたら膝の裏をギューッと押し込むようにおす(この時かなり痛かったら浮腫がひどい証拠です)
4、アキレス腱をつまんで上に持ち上げるようにマッサージ
5、手を猫の手にしてふくらはぎを下から上に撫で上げる(よくあるやつです)

以上です!

個人差はあると思いますが私はかなりすっきりしました。マッサージすらしんどい時は、撫で上げるのと膝の裏側を押すだけでも少し良くなります。摩擦が嫌なので私はベビーオイルをしてもらってました!

最後に食事についてです。ご存知かも知れませんが浮腫には「カリウム」です。サプリだと手軽ですがなかなか飲みたくないですよね。
私は喉が渇いたらココナッツウォーター、浮腫が酷いと感じたらきゅうりを食べていました!

あまりにひどい場合は妊娠高血圧症候群の恐れがありますので色々試したのに酷くなってる…という場合はお医者さんに見てもらいましょう。