着圧ソックスは私の妊婦生活の必需品でした

私はもともとむくみやすい体質ではありません。少々むくむことはあっても痛みがでることはなく、気になる程ではありませんでした。しかし、妊娠後期のだいたい34週目くらいに入るとふくらはぎや足先、ふともものむくみが気になるようになりました。

大きくなったお腹に足の付け根が圧迫され、血流が悪くなるのでむくむのは仕方のないことのようです。また、私は腰痛や恥骨痛がひどかったためあまり動かず、運動不足になってしまったのもむくみの原因の1つです。

むくみ解消のために、先ずはマッサージをしてみました。しかし、大きなお腹が邪魔でふくらはぎまで手を伸ばすだけでも一苦労でした。身体のあちこちに痛みもあったので、しっかりマッサージすることができずに効果もイマイチ…

また、足を頭の位置より高くして寝るという方法がありますが、妊娠後期にはお腹が重たく仰向けで寝ることはできません。それどころか寝返りをうつだけでも大変で中々朝までぐっすり眠れませんでした。そのような状況ではこの方法も有効ではありませんでした。

そこでメディキュットの膝下タイプを購入しました。私は夏の妊婦で、暑くて暑くてしょうがなかったので膝下タイプにしました。始めは気休めにでもなれば、くらいに思っていましたが着圧ソックスは私の妊婦生活のなくてはならないものになりました。

寝るときにはけば朝にはすっきりしていました。日中も家で過ごす時にははくようにしていました。ただ、足首の締め付けが少しきつかったようであとがついて痒くなってしまうことがあったのが辛かったです。それでもはかずに足がむくむよりはよかったと思います。

それまで「はくだけで細くなるなんでありえない」と着圧ソックスはあまり信用していなかったのですが、むくみには効果的だとわかりました。普段から使用するとより良いと思いますが、妊婦が買うものリストに是非載せておいて欲しいです。

他にも気を付けるようにしたのは身体を動かすことです。動かすと言っても前に書いたように腰痛・恥骨痛に加えて身体のあちこち痛いところがあったので簡単にできるものです。座ったまま足先だけを曲げ伸ばししたり、足首を回したりちょっとしたことですが、じっとしているよりは少しでも動かしたらむくみの感じ方が違いました。

着圧ソックスと軽い運動で私のむくみはかなり軽減されましたが、少しサボるとまたすぐにむくんでしまったので毎日続けることが大切でした。

さらに、水分をしっかりとることも心がけました。えっ…水分を取ったら余計にむくむんじゃない?と思われるかもしれませんが、血流をよくするには十分な水分を取ることが必要です。

特に夏場で汗も良くかいていたので、こまめに水分補給をするようにしていました。水分を沢山取ることは多くの妊婦さんが悩まされる便秘にも効果的で本当におススメです。

妊娠中もむくみは辛かったですが、産後はそれ以上でした。入院セットの中にはぜひ着圧ソックスを入れておいてください。妊娠中は身体がどんどん変化していき悩みが絶えませんが、それが終われば天使に会えます。是非短い妊婦生活を楽しんでください。