妊娠中のむくみ解消テクニック!まるでゾウの足みたい…!

妊婦のほとんどが経験する「足のむくみ」。特に後期になるにつれママさんたちの深刻な悩みとなっています。

私の場合は第一子、第二子ともに足がパンパンになり、30週から臨月のときには痛みを伴うほどでした。靴下を履いた後のふくらはぎの凹みがひどく、足首もなくなりまるでゾウの足のようでした。

仕事がらなのか体質なのか、妊娠前からむくみと仲良しだった私は、以前から「着圧ソックス」なるものでむくみを撃退していました。

ヒールを履いてデスクワークを長時間同じ姿勢でこなし、夕方には出勤時のブーツが入らないほどでしたが、着圧ソックスを使用するとパンパンだったふくらはぎが夕方まですっきりしていましたね。

しかし妊婦になってからのむくみに関しては、それまでのむくみよりもさらにパワーアップ。産院で医療用の着圧ソックスを購入しましたがなかなかむくみは改善されず…。臨月の妊婦となると靴下を履くこともしんどく、着圧ソックスって特に着脱しにくいのでそこも微妙な点でした。そこで着圧ソックスと合わせて色々な方法を試しました。

私が試した効果的なむくみ解消法

・マッサージ
 リンパの流れに沿ってマッサージ。少々面倒臭いのですが効果ありです。テレビを見ながら、ゴロゴロしながらマッサージをしてあげるとむくみも痛みも和らぎます。スキンシップも兼ねて旦那さんにしてもらうのも楽しそう。

・足を上げておく
 地味ですが一番効果があった気がします。お腹が大きくなるにつれてむくみがひどくなるので、働くママも産休中はできるだけ自宅では足を上げておくことをお勧めします。足台を使って、ソファに座りながら足を上げておいたり、寝るときに足の下にクッションを引いておくだけでも違います。単純に足を上げておくことで水分が溜まりにくくなり、むくみが改善されました。

・歩く
 同じ姿勢を長時間続けるとむくんでしまうので、こまめに体を動かしましょう。歩くことはお産にも良いので、経過の順調な方はどんどん歩いてむくみ解消をするついでに体力作りをしましょう。

以上がオススメのむくみ解消法ですが、第二子となると自分の時間を確保することも大変です。まずは着圧ソックスを履いて効果を試してみるのがお手軽です。

色んなメーカーの着圧ソックスすがありますが、オススメは医療用のもの。通っている産院やお近くの総合病院で購入できるので是非試してみてくださいね。妊婦用に作られているので市販のものよりも効果的です。

妊婦の多くが悩まされる「むくみ」ですが、産まれるまでの辛抱なのでゆっくりと体を休めて無理せずに過ごしましょう。むくみを気にして水分を控える妊婦さんもいますが、適度な水分補給を行い、排泄をすることも大事です。

妊娠には様々なリスクが伴いますので、くれぐれも医師の指示に従って対処してください。