妊娠後期のつらいむくみに試行錯誤した体験談

むくみが酷かった箇所は手と足でした。

妊娠後期からだんだんひどくなり、31週くらいから臨月にはもう最強にひどい状態で辛かったのを覚えています。

妊娠前はむくみを感じた事がなく、むくみに関しての知識が全然ない状態でした。

ずっと妊娠前はから立ち仕事で、友人からのプレゼントで着圧ソックスのメディキュットをもらった事がありましたがあまりむくみがわからないタイプだったこともあり未使用のままずっと押入れにしまった状態でしたが、あまりにも、ひどいむくみに一度使ってみることに。

ちなみにどんな状態だったかというと、妊娠後期に入ったある日突然朝起きると手が動かしにくい状態で、ふくらはぎも張って重たい感じでした。

日に日に指が腫れ上がりグーをするのも痛くて家事に支障をきたすくらいでした。足も痛くて足の甲がパンパンになってしまい足首がないような状態で、まるで像の足みたいで歩くと痛くて起きてからしばらくはすぐ歩けないくらいでした。着圧ソックスを夜寝る前にはいて寝てみましたが朝少しましなくらいでやっぱり痛い。

しかも夏だったので暑くて蒸れていて、妊婦だったので肌が敏感になり赤くなってしまいまさした。

しかも普段靴下みたいなものは履かないので、何だか眠りにくくって一回履いてからは使っていません。私には着圧ソックスは合わないようでした。

妊娠後期になると、今までは安静にしなさいだったのがどんどん動いてねの指示に変わります。妊婦はお腹が重たいのでただでさえ動くのが大変でしたがむくみ防止のため毎日散歩へ出掛けていました。旦那さんが休みの日には二人で散歩したり、近くの山へ出掛けハイキングしたり滝を見に行ったり出来る範囲で良く動いていました。

浮腫んで痛いですが、動いて身体を動かし汗をかくと結構楽になっていました。

妊婦だとすごーく食欲もあって私は15キロも増えましたがとにかく喉も乾くしお腹は空くし調整するのが大変でした。食事で少しでもむくみ改善が出来たらと思い調べてみるとカリウムを含む食品が体内の余分な水分を排出しやすくしてくれるそうだったので積極的にとることに。毎日食べたのはワカメや納豆です。特にワカメは毎日続けやすいしカロリーも低いのが凄く助かりました。

後は寝る前にストレッチしたりマッサージしたりしてから足を高くして寝て、朝起きたときもしばらく足を高くして血流を心臓に戻してあげるよう働きかけていました。

なんだかんだでこれが一番効いたとおもいます。