妊娠中はいつも以上にむくんでつらい!

妊婦の悩みといえばたくさんありますが、その中でも辛かったのはむくみ!様々なところがむくんで、時には痛んだり、しんどいですよね。今、むくみに悩んでいるという妊婦さんの少しでもお役に立てたらいいと思って体験談を書かせていただきます。

私が妊婦のとき、むくみが特にひどかったのは足!ふくらはぎでした。

妊娠中でなくとも、夕方になると足がパンパンに浮腫むのに、妊婦となると血液の循環が悪くなるのか昼夜問わず浮腫んでいました。いつから、とか思い出せないくらいずっとだったと思います。なので、むくみを取るために様々試してみました。

まず最初に使ったのは、着圧ソックスの寝ながらメディキュットのロングです。数日試しましたが、眠っている最中に何度も苦しくなって起きてしまいました。もうむくみで痛くて、それから寝付けなくなるほど。そうなったら、脱いで寝るのですが、足が気になって中々眠れないという結果でした。

その次に試したのは、着圧ソックスの、くつろぎ時間のスリムウォーク足指セラピーというものです。こちらは起きている時間に使うタイプで、五本指が開くようにできています。なので、とにかく気持ちいい!寝ながらメディキュットよりも着圧がキツイのですが、数時間で止めるよう書いてあるので脱いだ後は少しスッキリしました。こたらの着圧ソックスは頻繁に使っていました。オススメです!

3つ目の方法は、マッサージです。やはり、着圧ソックスを使っても、その後中々むくみが取れない時もありました。なので、足首から心臓の方へと、両手をグーにして持ち上げるという簡単なマッサージを日頃からやりました。テレビを見ながら、お風呂に入りながら、片手でもやれますのでお試しください!血流が良くなって、かなり変わりますよ。妊婦といえば大きくなるお腹が、前かがみを苦しくさせますね。なので、なるべく椅子を2つ使って、1つに座って、1つには足を掛けるようにして苦しくない姿勢で行いましょう。

そのほかにも、足を上げて壁や足などに置いて、少し経ったらおろすようにしました。重力に助けてもらっての原始的な方法ですが、血流が良くなります。寝てる間にどうしてもしんどいときは、足元にぬいぐるみなど重ねて高くして、足を乗っけて寝ていました。朝起きると足は下に落ちていますが、快眠の助けになります。

最後に、必ずやるべきなのは水分補給とトイレへ行くことです。1日4〜5リットルの水分補給をしましょう。それだけで、体内の老廃物が回るようになり、トイレもたくさん行くとむくみも流れて行きますよ!飲んでトイレの繰り返しです!

中々寒い冬などは、水分補給もしたくないしトイレに行きたくなくなったりしますね。それでもこの妊婦の間だけは、自分とお腹の赤ちゃんの健康のために頑張って見ましょう!

お母さんが元気で、穏やかに妊婦生活を過ごすことができれば、お腹の赤ちゃんにも必ずいい影響がでます。健やかに育って、予定日を迎えて、外の世界へ安心してでてきてほしいですよね!

妊婦生活が終わってからは、あっという間だったな〜なんて、思うと思います。お腹の出っ張りがなくなって、うつ伏せで寝られるようになると、感動ですよ!

また、自由に寝返りできると、血流も良くなってむくみも減りますからね!今は大変だと思いますが、終わりがちゃんときますからね!安心してください!