妊娠中のむくみは寝るときに工夫しました

妊娠5ヶ月目あたりから、足がむくむようになり、スリッパを履いたとき、足の甲が大きくなっていたので何かな〜と思ったら、むくみで大きくなっていることが判明したので、ビックリしました。いつも履いていた靴がキツク感じるようになったので、このままではまずいな〜と思おうようになり、着圧ソックスを履くようにしました。

何足かまとめ買いしたので、就寝時も履けるタイプの着圧ソックスを発見したので、日中と夜寝るときも履くようにしました。妊婦になる以前は、むくみなど気になっていませんでしたが、妊娠5ヶ月目になると次第に気になるようになり、また妊婦の後半ではかなりむくみが気になるようになりました。

足がパンパンになって歩くのも大変な状況になったので、少しでも改善できればよいなと思い、着圧ソックスを履いて日中は過ごすようにしました。

ふくらはぎ部分が、かなりパンパンになってむくみを感じるようになったので、着圧ソックスを履いた後はしばらくキツイ感じもしましたが、着用していると次第に慣れてくるのでそのまま1日過ごすようにしていました。やはり締め付けばかりではよくないので、お風呂上りなどはマッサージするなど、自分でできることは色々と行いました。

妊婦はむくみやすくなるとも聞いていたので、しっかりとケアすることが重要だとわかり、ケアするようにしました。なるべく着圧ソックスを履いてウォーキングするようにするなど、ちょっとした工夫をするようになってから体がだいぶ改善してきたように感じます。

妊娠後期は、むくみがちになったので夜寝るときも着圧ソックスを履いて寝るようにしました。足元に何枚か重ねたバスタオルを置いて、少し足を上げて寝るようにしたところ、だいぶ足のむくみが改善されてスッキリしたので、血行が悪くなっているのを実感しました。

お腹が大きくなり、妊婦で歩くのもしんどくなってきますし、前かがみするのも一苦労になるので、なるべく妊娠後期は無理しないように過ごしていたので、ウォーキングする回数も減り、足のむくみを感じるようになったので、まずは着圧ソックスを寝るときに履いて、少し足を楽にするようにしました。

締め付けすぎず適度な引き締め感が心地よく感じるようになったので、なかなか良かったです。実際の生地も伸縮性があって締め付け感もさほど感じない素材だったので、履いてて気持ち良く感じましたし、自分にあったむくみ対策は必要です。

妊婦の頃は適度にウォーキングをしました。

気圧ソックスを履いて足がポカポカしてきたので、冷え性も改善されたのを実感できるようになりました。